2016年12月27日火曜日

冬用3


この数年、晴天無風でもゴーグルで歩いておられる方をお見かけするようになりました。
それはそれで良いと思います。

でも、ガイド山行に参加いただく方には、サングラスとゴーグルの両方をお持ちいただき、基本的にはサングラスで行動していただくようにお願いしています。
ゴーグルには、最終兵器ですから、本当の出番まで、ザックの中で温存してもらいましょう。

スキーの時はともかく、歩く登山の時には、荒天か強風の時にしか使うモノではありませんので、レンズはピンクやイエローの明るめをお薦めします。
危機的な状況に陥る手前の状況で使うものです。滅多に使うものだからと行って、余りけちらないように。ちゃんとしたメーカー品の購入をお勧めします。特に鼻周りに隙間があると、呼気や外気が侵入しトラブルの原因になりますので、どのメーカーがと言うよりご自身の顔に合ったものを選びましょう。

サングラスも、晴天でだけ使える暗すぎるものは、曇りの時に見えにくくなるので、お薦め出来ません。(曇りでも雪上では、雪目になる可能性が十分あります)
また、調光レンズも、しばらく試してみたのですが、温度と紫外線に反応しますので、曇りでも紫外線が強い雪山では暗くなってしまったり、上手く行かないこともあるので、ご注意下さい。邪魔くさくても、レンズが交換出来るタイプの方が、間違いないと思いますよ。

2016年12月14日水曜日

冬用2


雪山の登山では、雪が装備にまとわりつくと、なにかとトラブルの元。
できるだけ、シンプルの物を選ぶ方が良いことが多いですね。

左は私の、右は一緒に仕事をしたガイドの佐々木君の物。
全然違うメーカーの物ですが、雪付きの無い素材で、物を抜いたら平たくなってマット代わりになるシンプルな作り。それでいて、頑丈。
また、凍った装備(テントなど)の嵩が増えることもあり、容量の拡張性があることも意外に重要ですね。


登山のタイプは違っても、それなりに経験を積めば、結局は、こう言う質実剛健なチョイスになります。

どのメーカーが良いですかというご質問をよく頂きますが、用途と体型に合うことがまず最優先事項だと思います。

2016年12月10日土曜日

冬用


装備には、同じように見えても、季節毎に変えた方が良い物もあります。

左と真ん中は無雪期、真ん中は革手袋用の脂塗布、右は冬用。

雪が凍り玉のようになると、当然、手は冷たくなりますよね。
そんなことも、体験してみないとピンとこないかもしれませんが・・・・。

2016年11月11日金曜日

鎖場


鎖場に限らず、不確定な要素があるときには、事故が起きる確率を考えるより、起きたらどうなるか?結果を考えて対策をするのが、登山の基本。


2016年10月16日日曜日

山座同定


澄み切った秋の空気のおかげで、非常に遠くの山まで見ることが出来ました。
遠くの、そして近くの山の名前を景色と地図から探し出していくのも面白いですね。

そして、その山にまつわる話をして、違う山に行きたくなりましたね。

2016年9月25日日曜日


星空を見ると、季節の移り変わりも明確ですね。

2016年9月5日月曜日

雷鳥


もうだいぶん前の話になってしまいましたが、夏にヨーロッパにいたときに、初めて、向こうの雷鳥を写真でとらえました。

日本のと違い、逃げ足速かったですよ。

2016年8月7日日曜日

夏は夜



ヘッドランプが、明るくなって便利になりました。
でも、趣はどう?

夜は暗くて、不便が良いかもしれませんね。

2016年7月21日木曜日

山小屋


グーテの小屋で、夕食皿洗いをしていると目にする光景は、日本のそれと大差ありませんでした。

 先輩ガイドに指揮されたガイド衆で、ワイワイと作業するのは、楽しいものです。手より、口が動いているのも、日本と同じです。


体力的に厳しい登山ですから、ちゃんと休める環境は大事ですね。


利用者にモラルを呼びかけるのも、万国共通のようです。

2016年7月2日土曜日

ドロミテ


日本でも有名なスキーリゾート・コルチナダンペッツォ。
スキーリゾートは、必ず山岳地にあります。

コルチナダンペッツォを含ドロミテ地方。
ハイキング、クライミング、サイクリング。
何もしても楽しい、夏も楽園でした。

2016年6月25日土曜日

シャモニー


シャモニーと言えば、モンブランのイメージですが、ノンビリなハイキングや、お手軽なマルチピッチクライミングにも、最高のエリアです。

しばらく、このあたりでウロチョロしております。

2016年6月4日土曜日

定期点検


アバランチビーコン、使わない季節なので、メーカに送って定期点検を受けました。
メーカーによって、それぞれのマニュアルがあるのですが、どの機種も定期点検を推奨していると思います。

道具は手入れが大事ですね。
ビーコンは、ビーコンを探す道具では無く、仲間の命を探すもの。
ちゃんと手入れして、ちゃんと練習したいですね。
あと6ヶ月で雪の季節です。

片付けと準備が同時進行ですよ。

2016年5月28日土曜日

ビシュヌ


つり目の憤怒が、とても良い感じです。
里山の石仏も、見ていて飽きない物ですね。

2016年5月16日月曜日

ほぼ終了

スノーシーズン、ほぼほぼ終了です。
実は、立山のコンディション、非常に良いので、個人的には遊びに行くのですが、ご依頼がなさそうなので、お仕事としては終了でしょうか。

今年は、雪の降り出しが遅くどうなるかと思いましたが、結果として非常に良いシーズンでした。
晴天率が高く、普段行けない場所に沢山行けて、とても良かったですね。
厳冬期中は、ほぼ毎日良い雪を当てることも出来たのではないでしょうか?

来シーズンも、楽しみですね。










2016年5月11日水曜日



嵌め込みのような絶景の窓辺。
山小屋では、窓辺でノンビリ出来ると良いですね。

2016年5月4日水曜日


ぬばたまの夜が、全てをモノトーンに閉じ込めたあと、色が戻ってくる時間帯。
いつも忙しく動いているのですが、たまにはノンビリ見つめ続けたいと思ってしまうほど綺麗な物です。

2016年4月28日木曜日

春の嵐


野山は春の花に覆われていますが、低気圧が通過すれば、山は冬に逆戻り。
ご依頼の山行の催行も慎重にならざるを得ませんね。

登頂ではなく、無事のご帰宅を最優先に考えておりますこと、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2016年4月17日日曜日

静かな立山

いつも賑やかな立山も、ちょっと時期を外せば、とても静か。

静かなタイミングを選べば、更にそこの良さに気づきますね。

2016年4月4日月曜日

春スキー


春らしく、ちょっと霞がかった雪山を楽しみには、スキーが最適。
ゲレンデを出て、野山を自由にスキーで移動するには、暖かい春がベストシーズン。

特に、始めてみたい方向きの季節ですね。



2016年3月21日月曜日

台湾も


そろそろ岩が恋しい季節ですね。

でも花粉も悩ましいので、台湾や韓国、ラオスも良いかもしれませんね。

2016年3月18日金曜日

支点


シンプルなクライミングは、単純明快に楽しいですね。
遊び方がシンプルになれば、必要な経験は複合的になりますけどね。

積み重ねた分だけ、山登りは楽しさを増しますね。

2016年3月10日木曜日

冬の粧い


冬から春に着替えつつありますね。
冬は群れを作っているので、仲良くお散歩です。

2016年2月15日月曜日

二月厳冬


二月厳冬のはずですが・・・・。

大雨の後の降雪。
数週間といった単位で、よく考えて行動しないとね。

2016年1月29日金曜日

いつもの


毎年冬になると行く場所に樺あり。
風の強い場所で耐えてきた故の風格が素敵です。

2016年1月12日火曜日

マジック

サンピラーの下を滑る機会はなかなか無いですね。

2016年1月5日火曜日

無常


世の流れと距離を取っているこの石の山男。
何も言わず、山の風に吹かれている。
かくありたいものですね。

そうは成れそうにはありませんが、今年もよろしくお願いいたします。