2017年7月19日水曜日

写真を飾る

 古い町並みに飾られた写真を見ながらの散策も良い感じですね。
Tour du Rutorのゴールの町Arvier。

白馬にも写真を飾ってみたいですね。






2017年7月13日木曜日

山小屋

山小屋も、国や地域毎に特徴があって面白いですね。
また、それぞれ来る人のタイプも違うのも印象的です。
折角なので、自分たちのグループ以外の人と話せると面白いのでしょうね。
どのみち、行動中は仲間だけの世界になるのだし。





2017年6月23日金曜日

old school favorites


小屋泊まりで無く、テント泊で長い山行にいっていました。
こう言う場合、やはり、昔ながらの毛手に、ミトンが最高です。
格好悪いからか、最近はとんと見ませんが、日本の冬山でも、ザックに忍ばせたい逸品ですね。


低温の山では、水分の補給はとても大事な課題。
最近は、ジェットボイル等を使うことも多いのですが、やはり、ガソリンをつかったストーブが有利なことが多いように思います。簡単に修理できるし、燃料の計算も比較的容易に思えます。

新しい物が良いのは確かですが、古い物が悪い訳では無いとも思います。
歴史的に長く使われたものは、弱点が明確になっている分、対策が立てやすく、長期、隔離された山行には、より向いた装備と言えるのでは無いでしょうかね?

2017年5月3日水曜日

Spring ephemeral


落葉樹林帯の林床は、今が一番綺麗な時期ですね。
環境に合わせた植物の生活史も興味深いものです。
キクザキイチゲ、イチリンソウ等も、今が盛りです。

2017年4月26日水曜日

Mezzalama Trophy


ヨーロッパでの仕事も一段落付いたところで、仲間が参戦しているMezzalama Trophyという世界で最高標高で行われる山岳スキーレースの応援に行って来ました。

規模や格式、歴史のわりには、とても家族的で微笑ましい運営がよかったです。


毎年、大きな大会がありますので、参加者のお知り合いと応援ツアーしたいですね。
事前にレースコースをのんびり小屋泊まりでツアーしておけば、臨場感を持って応援でき、選手のすごさも実感を持って感じることが出来ますよ。

2017年4月1日土曜日


影の長さが季節の移り変わりを教えてくれますね。

春は、長いツーリングに出かけたいですね。

2017年3月21日火曜日

丁寧に


雪上を広い範囲で行動するのにスキーは最高の道具であることに間違いは無いと思います。
特に、最近のビンディング、スキーは軽くなり、行動範囲も広がりました。

その日の予定で一番の奥地で壊れたら、とても大変なことになりそうですね。

山の道具は繊細なので、壊さないように扱いたいです。