2017年10月29日日曜日

シュラフカバー


シュラフカバーは、シュラフの濡れを防いだり保温性をあげるのに非常に有効です。

1つだけ買うのであれば、ゴアテックス3レイヤーモデルだと思います。
冬山もされる方であれば、ワイドサイズで無いと、大きなシュラフが入らなかったり、ロフトが膨らみきらないので逆に保温性が落ちることに。

もう一つ買うのであれば、軽いモデルだったりするのかもしれませんね。
2レイヤーのゴアモデルを自分も使っていましたが、結露が酷く、朝起きるとシュラフをしっかり拭いてから、しまう必要がありました。また、単体で使う事が出来ませんでした。

後輩に勧められて、シンパテックス製のものを試してみました。中に蒸着しているアルミはあっという間に剥がれてしまいましたが、結露はだいぶんマシ。軽くて、コンパクトで比較的廉価なので沢や岩場のオープンビバーグなどでも使いやすいかもしれませんね。
とってもお薦めという訳ではありませんが、使い方があっている人には選択肢の1つとしてありだと思います。